オンラインカジノ

パチンコ2022年は勝てないのは当たり前?全く勝てない時期いつ?

パチンコ2022年は勝てないのは当たり前?全く勝てない時期いつ?
Pocket

パチンコ2022年は勝てないのは当たり前?全く勝てない時期いつ?について詳しく解説していきます!

2022年になってパチンコやスロットで勝てない!と感じている方は多いのでは?

実はそれは気のせいではなく、いくつもの理由が合わさってなるべくして勝てない状況になっている可能性が大。

むしろ2022年のパチンコ・スロットは勝てないのが当たり前だ!という人もいるほどです。

そこで今回は、2022年のパチンコスロットはどうして勝てないのが当たり前なのか、理由について解説していきます。

さらに、パチンコ店で全く勝てない時期や時間、曜日などについてもご紹介していますので、お店に行く時の参考にしてみてくださいね♪

\今ならこちらから登録で$30もらえる/

ベラジョンカジノで遊ぶ

 

パチンコ2022年は勝てないのは当たり前?

パチンコ2022年は勝てないのは当たり前?

パチンコやスロットを遊戯する方の中には、以前と比べて

最近のパチンコは勝てない!
2022年に入ってから当たり前のように負け続けてる…

と感じている方は多いのではないでしょうか?

それには様々な理由が関係している事が推察されますが、最初に言えるのは中には勝っている人もいるという事です。

1人も全く勝てない状況が続けばさすがに、遊戯をしにお店に足を運ぶお客さんが減って、パチンコ業界は全て閉店となってもおかしくないですよね。

閉店が相次いだ2021年以降も続けられる店舗があるのは、勝ったり楽しんだりしてお金を使うお客さんがいるからです。

ただ、特に2022年に入ってから昔に比べて「勝てない!」という声が圧倒的に増えたことは事実で、調べてみると勝てなくてパチンコ・スロットをやめたという方も大勢いました。

下記ではこの事実で考える理由について順番に見ていきましょう!

 

2022年最近のパチンコはおかしい勝てないといわれる理由は?

2022年最近のパチンコが勝てないと言われる理由として

  • 2022年1月の新規格機の導入
  • 新規格機の仕様
  • 消費税増税の悪影響
  • コロナウィルスの影響
  • 世の中の需要

などが考えられます。

 

2022年1月の新規格機の導入

ご存じの通り、今現在ホールに設置されている機種は、パチンコの「PA機」スロットの「6号機」になっていますね。

それまでの「CR機」や「5号機」は2022年1月以降利用できないため、全国にあるパチンコ店は機種に入れ替えを余儀なくされました。

そこで考えられるのが、入替費用の回収です。

パチンコやスロットの実機は、機種にもよりますが1台あたり40万円が相場と言われています。

大きなホール、小さなホールなどによって設置台数に差はあるものの、例えば200台の入替を行う場合、単純計算でも8,000万円がかかっていることになります。

この出費をホール側はお客さんから回収してお店としての利益を出していかなければならないので、以前に比べてお客さんに還元される金額は自然と減る事が予想できるでしょう。

回収のために、釘をきつく(回らないように)していたり、甘めの設定を減らしているお店や換金率の悪いお店が増えているという声も多く聞かれます。

新規格機の収支が安定してからまた勝てるようになるのか、保障はありませんが、現在と状況が変わったら「ある程度回収作業が終わったのかな…?」なんて勘ぐってしまいますね。

 

新規格機の仕様

現在ホールに設置されている新規格機「PA機」「6号機」はこれまでにも増して厳しい規制となっていますね。

すでに打った人であればお分かりかと思いますが、大当たりで出る枚数自体にも差がありますし、パチンコでいえばハマりやすくなったという声も多いです。

これによりお客さんが勝ちにくい状況に加速がかかっている可能性もあるでしょう。

また、設定付きパチンコや遊タイム付のパチンコが増えているお店も多いです。

パチンコはスロットに比べると回転数を稼ぎにくいので、設定付きパチンコの設定を判別するのは難しくあくまでも予想になります。

さらに遊タイム付のパチンコでハイエナが可能になったと言っても、釘を締めている店舗も多いので簡単に回せないパターンも多いです。

こういった現在ホールにある機種の仕様や特徴によりお客さん側が勝ちにくい状況が作られている可能性も考えられます。

 

消費税増税の悪影響

実はパチンコやスロットで勝てなくなったのは、今に始まったことではなく2019年頃から始まっていた、とする人もいます。

その要因となっているのが、2019年に執行された消費税が増税。

これにより食品や日用品の8%を除く消費税が10%に引き上げられました。

これがパチンコやスロットにどう影響するのか?というと、例えばパチンコの新台について考えてみると…。

もちろん実機の料金が以前に比べて2%上がるといった影響もありますが、さらに細かく考えていくとパチンコ台やスロット台に使われる釘やネジでさえも値上がりします。

1台当たりの経費は間違いなく増えますので、その分お客さんに還元される金額が減るのも当然なわけです。

お店によっては新台入替が頻繁に行われるところもありますが、その場合それだけ経費がかさんでいるという見方もできますね。

 

コロナウィルスの影響

2020年より世界的に大流行したコロナウィルスの影響は、パチンコ店にも大きく降りかかりました。

一時、営業停止命令を無視した店舗を公開する!なんてニュースを毎日のように目にしましたよね。

また空調設備はあるにせよ、閉鎖された空間に多数の人、さらに言えば高齢者の方も多く利用する場所だったので、コロナウィルスの影響は想像以上だったはずです。

しかも、営業再開してからも客足は以前のようには戻らず、以前に比べて来客数が減少している店舗が多いです。

勝てなくなったからやめたという人もいる中で、自宅にいる時間で他の趣味や楽しみを見つけた方がパチンコ・スロットから遠ざかってしまったのかもしれません。

来店するお客さんが減るという事は利益はいるお客さんから回収する他ありませんので、台の設定などでお客さんへの還元を制限していた可能性は十分に考えられるでしょう。

 

世の中の需要

現在の日本国内ではパチンコ・スロット離れが進んでいると言われています。

現に店舗数は見るからに減っていますし、一時のように全席埋まっている状況などはほとんど見かけませんよね。

代表的な例でいえば“オンラインカジノ”は、パチンコ・スロットに匹敵する魅力的なサービスであると話題になり、今ではパチンコ・スロットをやめてオンラインカジノを利用する人も急増中です。

インターネットを使えば世界中のカジノをオンラインで利用できる時代になったからこそパチンコ店へ足を運ぶ人が減って、利益確保のために還元金額を減らしている可能性もあるでしょう。

また、パチンコ・スロットの規則が変更される中、今の主流は1円パチンコ・5円スロットなどいわゆる低貸しに需要が移行しつつあります。

低貸しであっても勝つことはできますが、1人1人がお店で使う金額が減る分、お店としても利益を確保するためには絞らざるを得ないと考える事ができます。

 

パチンコ2022年全く勝てない時期いつ?

パチンコ2022年全く勝てない時期いつ?

パチンコ店にこまめに通われていた方なら、時間帯や曜日によっても勝率が変わると体感された方は多いのでは?

実際に、土日祝日は避けたり、朝イチのチャンスゾーンを回し終えたら一旦帰宅して回転数が増えた夕方付近から再戦される方は多いですよね。

お店によって傾向は違うものの、パチンコ店には時間帯や曜日、日付によって勝てない日・勝てない時間・勝てない時期は存在すると考えられます。

勝利を狙うのであれば下記を参考にしつつ、例えば勝てない日に当てはまるのであれば深追いをしないなど戦略を練ってみてくださいね!

 

パチンコ土日祝日は勝てない?

昔から、土日祝日のパチンコ店は勝ちにくいとされていますね。

実際筆者の知人でパチンコの勝利金で生活をしていた人も、土日祝日はかなり大きなイベントでも開催されない限りは稼ぎに行かないと言っていました。

(暇な時は遊びに行くけど、勝てないから…と言っていました。)

理由としては、休日は1週間のうちで最も客足が増える日で、高設定台をたくさん用意したイベントなどを開催しなくても自然とお客さんが集まります。

そのため、設定を渋くした状態で稼働しても十分回収ができるわけです。

また、お客さんの数が増えると空き台の確保が難しく、それ以上の展開が望めない台だったとしても無理に続けてしまう人もいますよね。

結果マイナス金額を増やしてしまったり、せっかく出た出玉を減らしてしまう事になります。

土日祝日の休日に趣味であるパチンコやスロットを遊戯される方は、勝てたらラッキーという気持ちで臨むのがよさそうです。

 

パチンコ平日は勝てない?

休日に比べて平日は客足はまばらになります。

日中仕事をしている人が圧倒的多数ですし、時間に余裕があってパチンコ店に来れる人は土日祝日の休日に比べると少ないので当然ですね。

1週間の中の閑散期ともいえる平日は勝てないのか?というと、店舗によります。

お店によっては少ないお客さんから回収をしなければならず、設定を渋るお店もあるでしょう。

ただ、平日に集客のためのイベントを行う店舗も多くあります。

最近のパチンコ店は昔のように大々的にイベントの開催や告知ができない状態となっていますが、昔ながらの風習で〇のつく日はこの機種が出やすい…とかの傾向が残っていることはありますよね。

また、新台入替は週初めに行われることが多く、新台入替当日は狙い目です。

出やすいお店を狙って遊戯をするのであれば平日はそこそこ空席にも余裕があって遊戯しやすい環境といえるでしょう。

 

パチンコ月末は勝てない?

「月末は回収されやすい」という話を聞いたことがある方もいるかと思います。

実際パチンコ店によっては1ヵ月間の売り上げの締め日が月末のところもあり、その場合は回収傾向が強くなる可能性はあるでしょう。

ただ、だからといって「月初が勝ちやすい」という話は聞いたことがありません。

むしろ、4月に勝てていた人が月がかわって5月になった途端負け続ける…という事象に遭遇したことすらあります。

なので月末だからという理由はそれほど気にする必要はありません。

ただし、入店してしばらく回したあたりで、周囲や店内の状況を一度確認してみるのが良いですね。

店全体がいつもより出玉を渋っている傾向があれば、そのお店は月末は辛いお店という判断ができますので、店内を歩いたりデータを確認してみましょう。

 

パチンコ正月は勝てない?

正月は他に休みの店舗が多く、時間を持て余したお客さんがたくさん来店します。

普段は忙しくてパチンコやスロットに時間を使えない人も、年末年始は休みの人が多く、久しぶりにお店に足を運ぶ人もいるでしょう。

これにより、パチンコ店の正月は繁忙期の1つ。

集客をしなくても自然と客足が増えて、出玉を渋くしてもそれ以上にお客さんが増えることで回収ができてしまうタイミングです。

さらに、混雑する店内はお客さんが次々に着席して、違う台に移動したくても空いていないため無理に深追いしてしまいがち。

しまいには、営業時間の変動によりいつもより早く閉店時間を迎え、使った金額を取り返すことができずに終わってしまうパターンも多いです。

正月に運試しに行こう!という方も多いかと思いますが、使う金額や遊戯時間には十分にご注意ください。

 

パチンコファン感謝デーは勝てない?

パチンコファン感謝デーは、一部の高齢者の方に大人気のイベントですよね(笑)

全国のパチンコ店で一斉開催されているイベントであり、くじ引きの時間帯は特に、お客さんの着席率がアップします。

そのため、普段の平日に比べると来客数は増えるでしょう。

そこで考えられるのは、土日祝日のように設定を渋くした状態で稼働しても十分回収ができてしまう状況です。

「もうすぐくじを引く時間だから、せっかくなら引いて帰ろう…テレビ当たるかもしれないし…」といつもより少し多めにお金を使ってしまう人もいるでしょう。

ファン感謝デーは大型連休のように警戒する必要はありませんが、普通の平日とはちょっと違う事を意識しておくと安心ですね。

 

パチンコ給料日は勝てない?

「給料日にパチンコ店に行くと回収される」というのは、昔からよく言われてきたことですね。

一般的に給料日として多いのが、毎月25日、次いで15日。

他にも10日や月末が給料日の会社も多数存在します。

給料日という事は、懐が温かい、財布の中に軍資金がいつもより多めに入っているという1日であり、そこを狙ったパチンコ店も多くあります。

残念ながらこれについては確証は得られませんが、実際にいつもより多く持っている現金に気が大きくなって「取り返す!」と次々に追い金してしまう人はいますよね。

給料日にはお店側も設定を渋くしている可能性はゼロではありませんし、いつもより多くお金を使う事は避け、冷静に遊戯するのが良いでしょう。

\今ならこちらから登録で$30もらえる/

ベラジョンカジノで遊ぶ

 

まとめ

パチンコ2022年は勝てないのは当たり前?全く勝てない時期いつ?

今回は、パチンコ2022年は勝てないのは当たり前?全く勝てない時期いつ?についてご覧いただきましたがいかがでしたか?

2022年はパチンコで勝てないのが当たり前な理由についても解説してきましたが、お店側にも事情があってのことで、存続を考えると仕方ない部分もあります。

ただそんな中でも全く勝てない時期がいつなのかもご紹介してきた通り、時期を少し意識するだけでも勝ちやすさのアップに繋がります。

また、来店している全員が負けている状況は考えにくく、確率に合わせて大当たりが当たるタイミングはきっと来ますので、戦略を練りつつ楽しく遊戯をしてくださいね♪

\今ならこちらから登録で$30もらえる/

ベラジョンカジノで遊ぶ